最近の出来事

9月18日(月)
 さんざん、客と話をしているのだが、
「うちは在りきたりなバーである」
 ただウイスキーが多くなってしまったのは、個人的な好みと、リキュールも有名な物ではない場合があるのも、好みである。それ以外は、大したものではない。
 倉庫に酒があるじゃないかと言われることもあるが、常連客には
「私が買うペースで皆が飲まないから、だから貯まっただけ」
 と言っている。
 客が居ない、意外は何の変哲もないバーなのだ。
 だから、営業時間中に、ホームページの更新もできるのだ。
 

9月10日(日)
 井上尚弥が勝って、ロマゴンがKOで敗れた。
 
 花に取り憑かれた男。
 NHKのプロフェッショナルでそんな言葉を聞いた。
 私は逆に、花に取り憑いた男だと思ってしまった。
 花からしたら、自分が咲きたいところに咲き、自らの生涯を終えたいと思っているだろう。
 ただ、この人は、花屋だからこそ、花の命をいただくことによって、それを人間のエゴのために活かそうとするのだろ
う。「殺して生かしていく」と、自分がやっている事を理解する言葉も言えるのだろう。
 だからこそ、花に取り憑かれたという意味がわかり、無駄な花を店に置かないという流儀があるのだろう。
 人間も枯れ方に美しさがうまれてくる。死は必ずくる中で、最後だからこそ、そこに美しさがある。人も花も、朽ちていく様に生き方が表れる。
 だからこそ、花の枯れるところまで、美しく見せたいと思うだろう。
「魂というものが昇華されるような、優しい気持ちで花をいけられたら」
 それは人の気持ちだけではなく、人間のエゴだからこそ、殺すという行為をするからこそ、それを最後まで使い切りたいと思うのだろう。
 私も、酒という世界で、産まれた物を最大限活かしていかなければ、ただの殺し屋になってしまう。
 地球上に生まれた物を、ただ人間のエゴのために殺さないためにも、少なからず、活かしていかなけらばならないのだろう。

9月4日(月)
 人間の一生はあっという間だ。ふとそんな事を思ったのは、古くから付き合ってくださった方が亡くなったからだ。
 私がまだ青臭く独立した頃からお世話になった方の死は、突然だったらしい。最近はお会いする機会も少なくなっていたが、数か月前に会った時には、元気そうだった。
 一年前くらいに脳梗塞を患い、二度目の発症で亡くなったようだ。
 お酒が好きで、夜な夜な良くお会いしたものである。他のバーで、ポーカーなどのカードゲームで遊んだこともあった。西口新聞なるものを作ってもらい、4店舗を掲載したものを発行もしてくれた。その時の文章は、トップページの【在りし日のル・コンセール】の中に残してある。平成15年の話だ…。
 映画好き、言葉好きで、言い回しなどを指摘された事も多々あった。
 西口から東口に一緒に飲みに行くときに、二人乗りの自転車で大栄橋を超えたこともあった。「私を乗せたまま、この人は平気で橋を越えていくんだよ」などと言われた事もあった。
 思い出は尽きない。しかし、人の死は変えることはできない。今までありがとうございました、という言葉と共に、ご冥福をお祈りいたします。
 

8月30日(水)
 半端の商品ですが、こんな物が入手できました。
空いているので、できれば早めに飲んでいただけるほうが良いかと…。味の確認はしています。
●マッカラン    SMS 1965 28年   4500円
●クライヌリッシュ SMS 1965 27年   4500円(少しへたってきています)
●ダラス・デュー  SMS 18年        4500円...
●グレンリヴェット SMS 29年        4500円
●ロングモーン   G&M 1969 カスク   5000円
●ロングロウ    1974 16年       4500円
●アードベッグ   KB 1967 29年    5000円


8月16日(水) 
 昨日は【玉音放送】があった日、日本における終戦記念日だ。
 時間ができた時にみようと思っている映画があります。【日本の一いちばん長い日】という1967年に作られたものの作り変えである2015年版をです。
 昭和天皇や閣僚たちが御前会議にて降伏を決定した1945年(昭和20年)8月14日の正午から、宮崎事件、国民に対しての玉音放送を通じて、ポツダム宣言の受諾を知らせる8月15日正午までの24時間を描いているものだという。
 時の総理大臣であった鈴木貫太郎にも興味があります。昭和天皇の幼少期に身の回りの世話をしたタカという女性が鈴木貫太郎総理の夫人であり、何かの縁を感じるのは、私だけではないのでしょう。

8月3日(木)
 スコットランドのほぼ全ての蒸留所を揃えているが、いつストックがなくなってしまうのか、長く営業をしているとある種の【恐怖】になってくる。
 今は特に、出てくる商品が高額になり、少なくなってきている。
 都内の有名店などと比べれば大した品ぞろえではないが、それなりには揃えているつもりだ。
 だが本当にいつまで持つのだろう。
 今まで飲んだことのない蒸留所のウイスキーが飲みたい人たちは、早いうちにきていただければ、それなりに揃えているので、試しにきてもらえればと思う。

8月2日(水)
 新しいパソコンになり、やっと店での更新作業に取付ました。
 もう、要らない物ばかり増えていく感じのあるウインドウズ…XPだか、その次くらいが使いやすかった気がするのですが…。
 慣れるしかないですものね。
 何とかやっていきます。
 梅雨明けしてからのほうが、雨が多いような今日、この頃…。

7月23日(日)
 やっと新しいパソコンになって、転送設定が終わりました。
 長かったですが、これでホームページの更新作業ができることになりました。

7月13日(木)
 先週から左目に、靄がかかっているような感じで見えにくく、今日になってやっと病院に行くことができました。
 左目は網膜剥離の手術をしてから、遠視、乱視が酷く、一時期は視力も落ちていたのですが、前回くらいから1点0が見えるようになっていました。ただ、私は行きつけの眼科だからレンズで調整して見えていると思っていたのですが、実際に裸で見えているようです。視力という点では完全に回復しているということで、手術をしてくださった医師に感謝しています。
 それではなぜ靄がかかるように見えているかという話ですが…。先にも書いた通り、遠視、乱視が酷い関係で、目が疲れやすく、疲れることによって老眼症状が強く出てくるからとの事でした。近くの物を見るときに老眼鏡をかけることを提案されました。特に本やパソコンの操作では眼鏡をかけた方が良いとのこと…。
 次回、眼鏡の処方をするための予約をしたのですが、夏休みに子供の予約が多く、8月の末にやっと予約を取ることができました。
 年齢的な衰えは色々とあるのでしょうが、それも含めて自分なので、認めながら余生を暮らしていければと考えています。

7月11日(火)
 今日は、次回の秩父ウイスキー祭の初回会議でした。
 来年に向けて様々な話をしてきました。中心になっている人たちは大変な思いをしていると思いますが、このような人たちが作り上げているからこそ、楽しい会になっているのだろうと思います。
 第5回の秩父ウイスキー祭は、2018年2月18日(日)に開催です。

7月8日(土)
 人間ができていない。だから駄目なんだよ。
 そんなことを思ってしまう。私を理解してくれる人たちは、我慢強く付き合ってくれるからこそ、少ししかない私の良いところを知って付き合ってくれているのだろう。
 しかし、表面上では、取り繕うことはできないのだろう。ある意味、受け入れないし、受け入れられないのが私といっても間違ってはいない。
 それでも、以前の店から19年以上やっている。そこには何かを感じてきてくれている人たちもいるのだろう。
 その何かが自分ではわからないし、自分が評価するものではないことはわかっている。
 ただ、私ができることは、日々、自分の身の丈の上で頑張るという事だけだろう。

7月4日(火)
 今月は、再びポートエレンを出しています。
 他にもなくなりそうなボトルなどもお買い得価格ににしていますので、いらしたら確認してみてください。
 また、中旬までには、数本新しいボトルも準備する予定なので、楽しみにしていてください。

6月24日(土)
 今日は、昔から知っているママさんが8年ぶりに店を出すということで、開店祝いに行ってきました。
 早い時間ならと思ったのですが、すでに大勢の方が見えていたので、ママさんの信頼や人との付き合いに圧倒されてきました。
 うちの客からは「コアなファンを作ることはできるが、表面上の付き合いをする大多数のファンを作るのは下手」と言われることがあるようにそんな状態が当たり前の私です。
 酒の味、食べ物の味を求める人は、実は多いようで少ないのではないか。そんな話をされる人も多いように、雰囲気や、持ち上げたりしているからこそ、客が来るのではないかと、人として本音を話さないからこそ、客が来るという話もあるます。もちろんそれだけではないのでしょうが店側や作る側が、本当に美味しい物というのを理解しているかどうか、そこそこ美味しい物で納得させる、納得できる人がいるからこそ、などという事も話をしていました。
 取り留めが無くなってしまいましたが、私自体にそれほど魅力がない事が原因なのでしょう。
 でも仕方がないです。身の丈を知った上で、やるしかできない私ですが、何とかやっていこうと思います。

6月21日(木)
 昨日、後輩のバーテンダーたちが来ていたので、思わずサイドカーの振り比べをやってしまいました。
 ひとりのバーテンダーに材料を入れてもらい、3人でシェイク!
 結果、やはりシェイクによって味が変わる事を再認識しました。
 一緒に来ていた人も飲み比べてもらい、どれも美味しいが、こんなに違うのかという事を言われていました。
 微妙な混ざりの物もあったのですが、それはそれ、ただどこに持っていきたいか意識をしてシェイクをするかしないかで、個性がでる場合と、ただその味になっている場合と…。...
 シェイカーの特性なども含めて、物理を考えて振らなければならないのでしょう。

6月19日(月)
 昨日は浦和で行われた【カクテルの彩展】に10数年ぶりに参加してきました。
 もうしらない若手が多くて、私は相変わらず偉そうにして、数回だけシェイカーを振って帰ってきました。
 その後、知人と飲んで、上尾の先輩の店に行ってきました。
 先月10周年ということで【スタンダード】で葉巻を吸いながら、コンセール時代の椅子がある店内で楽しんできました。

 それにしても最近は、イベントに行っても年寄り然で、偉そうにしているだけです。様々なイベントで色々な人たちにご迷惑をしっかりとかけてきています。今回の面白かったことは、レモンを切ろうとした時に、思わず手を滑らせて指を負傷してしまったこと位ですかね。
 明け方まで飲んでいて、さすがに疲れてしまいました。

6月6日(火)
 最近、疲れ目なのか、目が見えづらい事が多いです。少し疲れを取るために、試行錯誤しておりますが、今度眼科に行った時に色々聞いてみようと思っています。
 しかしながら、前回の検診の時には「老眼だから見えにくくなる時がある」と言われました。確かに数年前から見えづらくなっているので、また同じことを言われるかとも思っています。
 年齢には勝てない、自然には勝てない。けれども自分の意識次第で、勝てるところがあるのでしょう。そこだけは自分に負けないようにしたいと思います。
 

6月3日(土)
 今月は
●アバフェルディ クーパーズチョイス 74  2,500円 → 2,000円
●アードベッグ  HB 91         3,600円 → 3,000円
●タリバーディン クーパーズチョイス 89  3,500円 → 3,000円
●ポートエレン  DL 82 21年     4,300円 → 3,500円
 です。
 残り少ない物もありますので、ご希望の方はお早めに…

6月1日(木)
 5月末に、ネットの通信制限がかかってしまい、更新できなくなっていました。
 本当に情けないと思います。
 ただ、その間に、トップページにある【スコットランドの蒸留所】のページが完成しました。10年以上前から作りはじめていたはずなのですが、何だかんだと先延ばしをして、作らずにいたのですが、何とか作り終えることができました。ただ最新の資料を使ったわけではないので、新しい情報に更新されてはいない箇所もあります。
 死ぬまでには更新したいと思いますが、実際にはいつになるのやら…現状で少し満足してしまっています。

5月22日(月)
 付き合いのない会社から、電話があった時に、
「お世話になっております」
 という会社があったならば、その会社は、無能な会社か、詐欺のような物と思った方がいい。
 マニュアルを作るような役職の人間が言葉を知らないことになる。また付き合っている風で、油断をさせておいて、一言一言に「ありがとうございます」と言って、持ち上げるようにして更に付き合いをしやすくしようとしている。莫迦に対する対抗処置みたいなものである。言われて気持ちがいい、もしくは言われないと怒る人たちは、当たり前の事を当たり前にやっても、いつも褒めて欲しいという、かまってちゃんの幼稚園児と同じである。
 今後のお付き合いをさせてもらう予定なので、そのように言うというが、願望を先に言われても困る。
 付き合いたい異性に「つきあっています」「つきあいます」と言っているようなもの。
 言葉には含みがある。なぜその言葉を言わなければならないか、良く考えて使う必要があるだろう。しかも営業の電話であれば、日常会話よりも気にするべきであろう。
 まぁ、客とも思っていないからこそ、そのような言葉が使えるのだろう。

5月14日(日)
 誰々という偉人はこんなことを言っていた。
 時には必要なことかもしれません。
 しかし、一個人としては、他人の言葉ではなく、自分の言葉で語らなければならないと思います。
 それができないのであれば、一個人として生きる必要はないでしょう。しかしながら、言葉を語る上でやはり、考えるという事がなければ、ただのくだらない戯言になってしまいます。
 自分の言葉だからこそ、どのような言葉を吐くべきか、そしてそこにどのような意を込めて言うべきかを考えあるべきなのでしょう。
 言葉、文字、考える頭…これがあったからこそ、動物の中でも特異な存在に人間はなれたのだから…。
 

5月10日(水)
 受動喫煙対策法案…。
 自民党は小規模飲食店は【喫煙】【分煙】などの表示があれば良いという妥協案をまとめたという。
 個人的にはこんな法案なくてもよいと思っている私ですが、個々で決めることが一番良いと思う。
 譲れるとしたら、子供が入ることができるところは、極力禁煙くらいで良いかと…。 

5月3日(水)
 気が付いたら、一カ月も放置してしまいました。
 先月の後半は、ジム閉鎖に向けて、置いてあった書籍や荷物などを持ってくる作業でいっぱいになってしまいました。
 ゴールデンウィークで里帰りをする人もいるのでしょうが、くれぐれも事故には気をつけてください。
 

4月3日(月)
 しばらくの間(いつまでかわかりません)、おすすめ商品
●グレンマレイ DC 94 21年        3,500円 → 2,500円
●キャパドニック DL 67 37年       6,000円 → 5,000円
●グレンドロナック オリジナル 12年      5,000円 → 3,500円
●クロヴァジェ VOSP 特級          2,000円 → 1,500円

3月30日(木)
 8年くらいだろうか。通っていたボクシングジムが閉鎖してしまう。5月の頭で終了とのこと。
 その間に、おやじファイトに出場させてもらい、色々な選手や練習生たちと共に練習をしてきたジム…。
 大変お世話になりました。
 これからは自宅でトレーニングをしようと思っているが、知り合った人たちとまたどこかで一緒に練習をしたり、試合の応援に行ったりできたらいいなぁ…。
 ここで出会った人たちに、全てに感謝したい…。ありがとう、と…。

3月13日(月)
 昨日、ウイスキー・パーティーを開催。
 以前は定期的に行っていたが、震災の年以来の開催となりました。
 店を移って、立食で15名くらいは入るので、開催が楽になったのもきっかけの一つです。
 ホームページでは簡単な案内しか出していないので、基本は店に来てもらっている人たち向けの催しです。
 昔は8本だったのですが、ウイスキーの高騰もあり、7本での開催でした。
 金額も一人1万円とそれなりの金額です。
 それでも、勝手に注いで、勝手に飲めという趣旨の会は、楽しんでいただけたと思います。
 
 何となく、長渕剛の【JEEP】というアルバムを聴きながら書いてしまった。
 来年もこの時期に開催できればと思っているのですが、来年の独立20年に何かをやってしまったらそれはそれで、かぶりすぎるしなぁ。
 アルバムの中に入っている【電信柱にひっかけた夢】【浦安の黒ちゃん】【西新宿の親父の唄】【Myself】が引っかかる感じをより一層引き立てる気もするなぁ。
 来年は、俺は何をしているのだろう…。
 

3月8日(水)
 今まで、独立してから何日休んだのだろう。
 記録が残っているのは、最近7年だけらからと、調べてみました。

 平成22年 15日
 
平成23年 14日(不整脈の手術、おやじファイト1試合)
 平成24年 16日(おやじファイト3戦)
 
 平成25年 10日

 平成26年 11日

 平成27年 15日(店移転)

 平成28年 27日(網膜剥離、白内障手術、おやじファイト1試合)

 平成29年 現在1日

 こうやって考えると結構休んでいると思ってしまいます。
 とりあえず、今日も仕事でもします。


3月7日(火)
 今日は久しぶりに寒い日だという実感があります。
 そんな中で、ブランデー持ってきました。

 フランソワ・ペイローは、シングル・コニャックです。
 シングル・コニャックとは、プロプリエテールが作ったコニャックです。
 プロプリエテールとはフランス語で【栽培、発酵、蒸留、熟成、瓶詰の全ての工程を自家地で行っている生産者】を意味し、全行程自家生産、一家代々続いている家族経営のブランデーメーカーです。
 シングル・コニャックは俗称で、たぶんシングルモルトが認識されたので、それに近い呼び名を付けたのでしょう。本国であるフランスでは、プロプリエテ・コニャックと呼ばれるようです。
 シングル・コニャックは、コニャックという名前がついているので、もちろんコニャック地方のものですが、プロプリエテールは製造の全行程を自家で行っているメーカーを示す言葉なので、アルマニャックでも、カルヴァドスでも使用されるようです。...

 そんなフランソワ・ペイロー…。
 久しぶりに仕入れました。
 45年、ヘリテージです。
 1杯、4500円にて提供させていただきます。


2月25日(土)
 早いもので、もう2月も終わりを迎えようとしています。
 今年に入って、あれもやりたい、これもやりたいと思いながらも、なかなか進まず。何てことだと、自分を窘めるが、相変わらず先には進まずにいて、どうしようもない自分を殴り倒したい気分です。
 ただ、今日、思わず入った大宮のディスクユニオンで、欲しかったレコードが見つかりました。ジョン・コルトレーンのジャイアント・ステップです。CD音源は持っていた(もらった)のですが、大した物はないかなと思っていたのですが、思わず見つかったので、嬉しいの一言です。
 さて、月末の仕事もあるので、これからやろうと思っています。

2月18日(土)
 明日は、秩父ウイスキー祭。
 思えば6年くらい前に、ウイスキー好きな人間が集まってイベントをやりたいという西川口のカスク&スティルのマスターに声をかけてもらいイチローズモルトの3年の発表と共に始まった。
 大宮、川口を経て、秩父へ…。
 もう今回で4回目かぁ…。
 私は当日、ちょこっと手伝いに行く程度なので、みなさんに迷惑をかけないように、こそっと働こうと思っています。
 ぜひとも事故がないように、みなさまに楽しんでいただければと思います。
 スタッフの方、よろしくお願いいたします。

2月16日(木)
 酒屋の営業が来ました。
「○○酒屋です。店長さんでよろしかったでしょうか」
 かったでしょうか…って、過去形ですか。商談終了!
 しかも今は、どの店に行っても、いや会社に行っても、役職にさん付け…。
 呼び込みの社チョーさん…みたいだ。
 大手の会社でも、社員ごっこになっているから仕方がないのかもしれませんが、呼称にさん付けはねぇ。日本の企業の感覚の低さが、ここに現れているようです。
 しかも、いきなり相手に役職を聞くということも、おかしな話です。
「○○酒屋ですが、担当のかたはいらっしゃいますか」
 などと聞く方が、私は本来の言葉の使い方だと思っているのですが、勉強不足なので、本当に最良の方法を知っている方には教えてもらいたいものです。
 営業電話でもありがちですが、「社長か店長はいらっしゃいますか」というやりかたは、知っている人ならばいざしらず、相手を知らずにやる場合には失礼になります。
 大手の会社でも、代表電話に「社長はいらっしゃいますか」と聞いたら、「どちらさまですか」という事になり、知っている人でなければ繋いでもらえないでしょう。飛び込みのような営業であれば、まずは営業だと伝えた上で、向こうが担当に変わるのを待つべきなのでしょう。
 ですから、いきなり上役を呼ぶような営業は、呼び込みで腕を引っ張っていくくらいに悪質です。
 
 しかも、ウリを言っていかなかったのですよね。長くやっている店であれば、付き合いのある酒屋さんなんていっぱいあります。それなのに、うちはどこが強いという話や、資料すらおいていかなかった。
 私たちのような特殊な酒を扱う店は、安いから付き合いということではない。
 見合った商品を入れてくれる店だから付き合うのです。
 ただ安いのを売りにするのであれば、大手チェーンや、こだわりのない店に行く方が商談としてもまとまるのでしょう。
 
 うちのような面倒な店に来た事が、行けなかったのでしょうが、下手な鉄砲も…で、何となく飛び込みをやっている事もいけなかったのでしょう。
  
 あ〜あ、日本ももう少し考える人が増えてくれないと、どうしようも無い人口が増加していく事になってしまうのでしょう。
 
 貧困だから、子供の学力が低いと最近言われますが、言い方を一部悪くすると、莫迦親だから、教育に興味がなく、子供が莫迦連鎖しているという事があるらしいです。貧困とは本来はかけ離れた状態(塾通いなどができるできないは別として)で、関心がないからという事になるのでしょう。もしも金銭があったとしても、教育に興味がない親は、塾に通わせることもしないのでしょう。
 頭の良いと言われる人たちからすれば、莫迦だから貧困なんだという言い方で、それが連鎖するということなのでしょう。だが、現在放送されている「下剋上受験」(あの場合だけが良いとは限らないが…)では、親が教育に興味を持ったら、子供の学力が上がったという良い例なのでしょう。

1月28日(土)
 この接客は本当に必要なのか、クローズアップ現代で取り上げられていました。(下記URL参照)
 
http://www.nhk.or.jp/gendai/articles/3923/index.html
 その中で、過剰な接客は、客を人ではなく、マニュアルの対象として考えているだけという話があったところでした。
 客もそれに便乗して、かまってちゃんになっているところもあると思います。
 常連の方たちと話をしていても、そんな話は多くあります。私は、客の価値が下がるように「ただ肯定」することはしません。確かに「お前言い過ぎだろう」ということもありますが、対話をしていく中で、お互いが納得していくことが良いと思っています。
 以前に書いた「うちのマスター面倒です」ではないですが、【猫可愛がり】をして欲しい方には合わないと思いますので、よろしくお願いいたします。

3月24日(火)
「BARをやるんだったらジャズだろう。使わなくなった機材があるから、もし良かったら」
 飯倉さんはそう言って、レコード数十枚と、デンオンのプレーヤー、サンスイのアンプ707F、JBL4311を譲ってくれた。
 それから約19年…。
 店を移りながらも、使用してきたアンプ。
 昨年、入間にある修理してもらえるところに持って行ったが、もう部品もそれほどないし、大金をかけて直すものでもない、それにきちんと鳴らなくなっているという話を受けた。
 鳴っている感じがあるのは、自分たちの感覚であって、本職からするとアンプの力を全て出しきれない状態だったようだ。
 そして今日。中古で買ったサンスイ909Gが来た。
 新しいアンプを鳴らす楽しみの陰に、今まで一緒に生きてきた引退するアンプの哀愁を感じていた。1980年製造で今までのほぼ半分を私のために尽くしてくれたアンプ。
 物が無くなるのは、仕方のないことだ。人間が亡くなるのだってそうだ。
 単純だ。
 だが、ただ単純じゃないから、みんな苦しんでしまったり、悲しんでしまったりするんだ。
 感情さえなければ、物事の成否は簡単になっていく。感情があるから成否があやふやになっていく。
 けれども感情がなければ人は動物の中で、ここまでの存在になっていかなかったであろう。
 ただ一つ、今日言えることは…
 707F、今までありがとう。
 

1月23日(月)
 前回、告知させていただきました【ウイスキー・パティー】は予約制です。参加希望の方は連絡をください。
 また、秩父ウイスキー祭のチケットもまだ残っています。
 大宮一暇な店の本領発揮しています。もしもお求めの方はいらしてください。

 私事ですが、眼の検診に行ってきました。総合病院に行くのは今日で最後になりました。と言ってもこれ以上の改善はないので…。

1月17日(火)
 第13回、ウイスキーパーティーを開催いたします。
 日時は3月12日(日)です。
 会費は1万円。今回は7本のウイスキーを準備します。
 参加希望の方は、スタッフまで…

1月11日(水)
 昨日いらっしゃった方にも言われたのですが、
「うちのマスターは面倒です」
 話をしている時に、結構白黒はっきりとつけたいほうなので、理屈で話していると面倒になるようです。
 本音でしか、いやたまにいいやと思う人を相手にするときはかわすような話し方をすることもありますが、ほとんどが直球です。
 それが良くて来てもらっている方もいるのでしょうが、面倒な事は嫌いと思われる方は、避けていただいたほうが良いのかもしれません。
 まぁ、こんな店ですが、二年目を何とか過ごしております。
 皆さま、引き続き、どうしようもないマスターですが、よろしくお願いいたします。

 あとモルト・ウイスキー・パーティーも復活させます。
 詳しくはスタッフへ聞いてください。

1月2日(月)
昨日来たもう20年近い客に、
「祓川さん、仕事納めは何日でした」
「31日だよ」
「じゃあ仕事はじめは」
「一日に来て何言ってんだ…」...
 という話でした。
毎年こんな掛け合いをしています。

さて、倉庫の掃除(在庫出し)をはじめようと思います。

 

12月23日(金)
 早いもので、今年も残すところ一週間くらいとなってしまいました。
 毎年思うのはたった一日を超えただけで切り替えができてしまうという事は、人間が年という単位を単純に作ったからに過ぎないのでしょう。
確かに季節というものが巡るから、それを周期としたのは頭が良いと思いますが、実際には四季や季節が巡らずに、ほぼ一年中同じような国もあるでしょうから、その人たちは果たして年という単位が今のように決まっていなかったとしたら、考えついたのでしょうか。
 そんな事はさておき、明日、明後日はBAR祓の催しがあります。外国の何とかというものではありません。チャージ2500円の日です。知っているかたも多いので、内容はここでは書きませんが、年末のこの時期に楽しみにしている人もいるのではないかと思います。
 これを始めたのは3年くらい前からでしょうか。私も感謝祭くらいの気持ちで思っています。下記に書いた高額商品の一部はなくなってしまっている物もありますが、ぜひお楽しみください。

12月3日(土)
 今日は、春日部に酒を買いにいってきました。
 でも、今年はもう新しい酒は出さない予定です。
 来年、いつか日の目を見ることを願っています。

11月17日(木)
 ちょっと高額の商品を紹介してみようと思います。
 少量の物もあるので、なくなる場合もありますが…。
ルイ13世 5,000 
ノバル 1985 ポート  5,000 
シャルトリューズ 1605 3,500 
グレンカダム MOS 74   4,200 
グレンタレット MOS 80  3,000 
エアッシャー(レディーバーン) SV 75 32年  6,000 
マクダフ DL OR 65 36年  4,000 
タリバーディン 5年  4,500 
ブローラ GM CC 82  5,000 
グレンドロナック オリジナル 12年  5,000 
ベンリアック LS 91 22年  3,500 
ブレアフィンディ (グレンファークラス) BA 63 40y  7,000 
ブレアアソール MI ザ・カー 21年  5,000 
ベン・ネヴィス モルトマン 66 45年  4,500 
グレンロセス ARN 70 41年 5,000 
タムデュー JW OTL 80 31年  3,500 
ポートエレン DL 82 21年  4,300 
アイル・オブ・ジュラ KB 75  4,000 
オールド・ロスデュー MM 79 24年  3,500 
キャパドニック KB 68  5,000 
グレンアギー HB 65 23年  4,500 
エドラダワー 10年  3,000 
ボウモア エレメンツ・オブ・アイラ  3,500 
ブルイックラディ 72  3,500 
キャパドニック DL OR 67 37年 6,000 
マッカラン 8年  8,000 
タリスカー 10年  6,000 
グレンユーリ BA 73 30年  3,500 
シガーモルト チーフタンズ 97 18年  3,500 
ラフロイグ  CD 79 3,800 
ポートエレン セカンド 78 24年  6,000 
ストラスアイラ Cクロス 69  5,000 
リトルミル アーガイブ 92 20年  3,500 
ミルバーン JW OTL 81 23年  5,000 
グレングラッサ EXM 78 27年  3,200 
ミルトンダフ ピアレス 66 36年  5,500 
ロングモーン ブルームズバリー 74 26年  3,500 
グレンアルビン BA 74  4,000 
オルトモア BBR 92 21年  3,500 
ハイランドパーク MI 88  3,000 
キンクレイス DT 69 35年  25,000 
フェッターケン LS 90 23年 3,500 
セントマグディラン HB 82 21年  3,000 
コンバルモア DL 75 32年  3,000 
ローズバンク TWE 91 17年  4,000 
アードベッグ HB 91 17年  3,600 
ブナハーブン HB 66 35年 5,000 


11月9日(水)
 ふと考えた時に、時間を無駄にしていることがあると思ってしまう。
 有効活用できていないのだ。
 もっと何かが出来るはずなのに、とりあえずで過ごしてしまう。
 時間は命に直結する。誰かがそんなことを言っていた。まさにその通りだ。
 人間は産まれた時から、死に向かって歩いていく。その距離は個々に違いはあるが、そこに行きつくまでが時間という現代の人間の単位だ。
 そこでなのをして行くかは人それぞれだ。
 だからこそ、無駄な時間を過ごし居てしまうと後悔してしまう。
 なるべくなら命(時間)を有意義に使いたいものである。
 良く【若者の酒離れ】という話があるが、若者たちは決してお金を使わないわけではない。自らの趣味のためとなれば、節約をしてでも費用を捻出する。
 ではなぜ酒に興味を持てずに、離れという言葉がついてしまうのか…。
 バーに来る一部の人たちは、酒に興味を持っているからこそ、様々な物を欲してる。だが、好奇心を煽るようなバーに出会わなかった人たちは酒に対してどのような想いを持つのだろう。
 ただの酔っ払い水、上司の愚痴を聞くための手段の一つ、旨くない物…色々な意見があるだろう。 
 上記の中で一つだけバーテンダーが解決できるものがある。
 それは旨さという点だ。
 私がバーに行くきっかけとなったのは、たまたま行った居酒屋の酒が不味く旨い物を飲むにはバーという結論に至ったからである。
 ただの安物買いの銭失いではなく、嗜好品として興味の持てる酒を知ってしまったら、若者たちの酒離れなどという話は、少なくなるのではないだろうか。決して若者だけがこの問題に関与しているのではない。酒造、酒に係るすべての飲食など様々な人たちが関与しているのだ。
 自分たちは関係なく、若者が勝手にという話ではない。少なからず、その一端には私もいるのだ。
 酒は旨く、楽しい物という事をもっともっと知ってもらえるように、日々努力していきたいものである。

11月7日(月)
 札幌に【BARやまざき】がある。その店の店主山崎達郎さんが4日に亡くなった。96歳という国内最高齢のバーテンダーであった。
 東京会館で戦後にバーテンダーをはじめ、1953年、札幌へ移り58年に【BARやまざき】を開いたという。
 
 私も過去に一度、余市蒸留所を見学に行く途中に寄らせていただいた。話に聞いていた切り絵を作ってもらった。
 他の方から聞いた話だが、後輩バーテンダーを辞めるという話をしに来た時に、無地のコースターにリキュールを使って絵を描いて渡したという。噂では芸大を出ているか、行っていたという話で、そのような事をやったという。その後輩の方は有り難かっただろう。
 2010年にバーテンダー協会で【ミスター・バーテンダー】を受賞した。過去に数名しかもらっていない最高名誉賞である。
 その受賞の際に、「諸先輩がもらった賞を、私のような若輩者が」という事を話していたが、90歳に近い山崎さんが言うと、執行部の70代の方たちは、部が悪かったような気がします。
 数々のお弟子さんを作り、札幌のバーの発展に、そして全国にバーテンダーに影響を及ぼした大先輩のご冥福をお祈りいたします。

11月2日(水)
 小売り・外食などが低価格に回帰してきているという。確かに安い物の方が金額面を考えたら良いと思う人は多いだろう。
 しかしながら、安かろう悪かろうという言葉があるように、良い物ばかりでない事は事実である。ただ安いだけの店や商品は実際何を使っているかわからない。他に金がかかることも仕方がないと思うが、食べ物、飲み物は体を作っていくものである。それをないがしろにしてしまえば、健康な体は維持できずに、逆に金がかかる世の中になってしまう。
 40代の脳梗塞、心筋梗塞が増えている理由は、食事にあるとも言われている。特に独身者が増えて外食ばかりになり、病に至るという点も多くないようだ。煙草云々は、それなりに問題があるだろうが、それよりも体を作る食を大切にしなければ、もっともっと問題になることは、あからさまにわかるはずである。
 安いだけの物には罠がある。特に子供にそのような物ばかりを与えていたら、後々どのようになってしまうかわからない。洗剤なども色々と騒がれていて、何が良いか悪いかわかりにくい世の中のようで、本当に悪い物は隠されている場合が多い。
 ただの安売り、低価格で実際は何が使われているかわからない物は、極力避けるほうが良いのだろう。

10月25日(火) 
 先日、昼から1周年の祝賀をさせていただきました。
 わざわざ来ていただいたお客様ありがとうございました。

 今後とも、みなさまの期待に恥じないように、精進していく次第です。
 引き続き、よろしくお願いいたします。


10月22日(土)
 小学校の頃、水泳をやっていて、進級すると嬉しさと共に、今度はどんなことをやるのだろう、誰コーチになるのだろうと、どちらかと言えば不安にしかならなかった私です。
 23歳で独立した時は、何とかなる、ならなければやり直せる年齢などと安易さと、将来の展望のような事を考えていました。
 今回の1年は、期待よりも不安の方が大きかったかもしれません。それでも何とか、色々な人のお蔭で乗り越えることができます。
 本当に有り難いことです。
 私一人では何もできませんので、今後とも、みなさまよろしくお願いいたします。
 

10月18日(火)
 思わずサイモン&ガーファンクルを聴きながら、少し浸っています。
 そんな来客のない中、フェイスブックを見ていると、ある後輩が1年前の記事を振り返っているではないですか…。一年前に何をやっていたのかなと思ったら、私が以前経営していた【ル・コンセール】の最後の日の事を書いているではないですか…。
 そうか、もう一年が経ったんだと感慨深くなってしまいました。
 私が23歳の時に、ホテルを飛び出して、右も左もわからないまま初めて41歳までやった店だった。17年8カ月…。あっという間だったなぁ。数人、勉強しにきた弟子たちには大したことをしてあげられなかったと今になって思うところもある。
 後輩が載せた写真を見て、こんな感じだったっけ…と思い出してしまいました。
 移動に日数がなかったので、最終日の最後の時間は、使わない酒などは段ボールに入れながら営業していた。
 もうすぐ【BAR祓】でも一年が経ってしまう。
 大宮一客が少ない店で、それでも一年…。
 来客があるまで、感傷に浸ってウイスキーでも啜ろうかな…と思う本日です。


10月17日(月)
本日、目の検診日…。
良好で、視力は0.5くらいまで見えるようになってきました。
何よりも朗報だったのは、激しい運動が解禁されたことです。もちろんスパーリングなどは無理ですが、運動ができる喜びはたまらないです。
太ってしまった体をもう一度しぼれればいいと思っています。...

ただ交通事故の影響で未だに運動はほぼできない状態ですが…


10月15日(土)
西口の店にあった、あるものが復活しました。
ある意味、完全復活ではないのですが、心地良いです。
いやぁ、棚を作って良かった。

10月3日(月)
●ブトン・ロッソ・アンティコ

 1970年〜80年の非常に上質のベルモットです。                 3,000円
●ノヴァル・ヴィンテージ・ポート 1985               5、000円→4,000円

●ジャックローズ XO                          3,000円
  ペール・マグロワールXOを使用したジャックローズです。
●VAT69 オールド                           1,500円
●ジントニック                               2,500円
  ジンでありながら15年熟成のノールドを使用した、香高いジントニック

今月の休みは10月23日(日)です。
11月は13日を予定しています。


10月2日(日)
 何だか月末はバタバタでした。
 24日の営業が終わって、帰ろうとして中山道へと出たところでした。大宮方面の車線は信号で車が列になって止まっており、浦和方面の車線には走行車がいなかったために、自転車で横断をしようとしました。歩道もあるところだったので平気だと思って渡り始めたところへ、大宮方面の列に並んでいた後方の車が、横道へ入ろうと浦和方面の車線へ出てきました。
 私は渡っている最中ながら、何とかハンドルを切り、ギリギリ車の広報へと当たってしまいました、
 何食わぬ顔で降りてきた20代前半と思われる運転手は、「大丈夫ですか」と言った後に、「あなたは左右を確認していたのですか」と尋ねてきました。確認したから出てきたという話をして、なんでそんな事を言うのかという話をしたら「私も悪いですが、あなたも悪いんじゃないですか」と…。もう話しにならないので、警察に連絡しました。
 翌日は医者も休みですし、緊急というほどの怪我でもないので、家で大事を取っていると相手から電話が…
「私、トラックの運転手をしているので、人身で処理されると他にも事故をやっているので、仕事がなくなってしまうかもしれないので、物損で処理してもらえませんか」とのこと。保険の方と話をしてから決めますと言い、電話を切りました。
 月曜日に朝一で医者に行き、交通事故の怪我の処理をした後に、白内障の手術をしに予約をしている病院へと向かう。帰ってきて保険屋さんと話をして、相手が誠意を見せてこない限りは人身で良いのかと思っていました。
 翌日警察の方から、どのように処理しようと連絡をわざわざいただきました。もう一度相手に連絡を取ってみますのでと断り、「人身にしようと思っています。あなたの行動からすれば、一度考えて運転の仕事も離れた方が良いと思います」と連絡をすると「わかりました」というメールが返ってきました。驚いたのはその後です。「もう直接連絡をしてこないでください」「迷惑です」と来ました。
 えーと、迷惑を被ったのは、車をぶつけられた私の方なのですがねぇ、と考えてしまいました。何とか避けたから良かったのですが、そうでなければ自転車の真横を当てられて、下手すれば頭を打っているような事故になったのですが、なんなのでしょう。

 白内障、事故、何だか今年は忙しいです。
 さて、10月になったので、気持ちを切り替えて楽しくやりたいと思います。 
 

9月24日(土)
 トップ頁でも告知させていただいた通り、明日からしばらくの間休ませていただきます。
 7月に網膜剥離の手術をして、その影響で白内障が出てしまい、今回は白内障の手術を行ってきます。
 日帰り手術なので、大したものではないのですが、術後、水や煙草の煙が目に入らないようにしなければならないので休ませていただくことになりました。
 何だかんだと約2カ月も左目が見えにくいままで生活してきたので、どのくらい見えるようになるのか期待しています。しかしながら、白内障がこのような状況のものだと、早いうちに経験できたことは良かったのかもと思っています。少し慣れてきたこの目の状態が改善されるのは、有り難いことなのですが、ちょっと寂しい気もします。しかし、見えにくいままでも嫌なので、手術してきます。
 白内障の手術は今は簡単になっていて、ある意味、風邪をひいた人が薬を飲む程度だという感じです。ちょっと手を加えるというくらいなのでそれほど重くは考えていません。
 休みでご迷惑をかけるかたもいらっしゃると思いますが、ご了承のほど、よろしくお願いいたします。

9月17日(土)
 ここ最近、やろうと思っている作業が進んでいません。ついでに家の片づけなども進まなく、溜まった書類などの整理をしたいのですが、目の手術が終わってからと、中途半端な感覚で待ち構えております。
 先日、検査を受けて、これで準備万全なのかもしれませんが、慣れてきた白内障ともお別れです。
 そんなこともあり、トップページに書いた通り、休ませていただきます。

9月1日(木)
 今月も放出ボトルです。無くなり次第終了です。
●モートラック  SV  99  14年       1,300円 → 1,000円
●シガーモルト  97 18年            3,500円 → 2,500円
●ブラッドノック G&M 88            1,900円 → 1,500円
●ディーンストン KB 97             1,700円 → 1,500円
●リトルミル   SV 90 17年         2,100円 → 1,500円
●ジョニー・ウォーカー・グリーンラベル        1,300円 → 1,000円

8月18日(木)
 何となく、台風の後の雨…もう止んでいるみたいですが、嫌な感じです。
 何となく嫌だったので、気分に任せて、本日18日のみ…
 ネットでしか告知ません。
 残り物には、福が…
 ●マクファイル 40年            5,000円  →  3,500円
 ●キャパドニック DC 68         4,500円  →  3,000円
 ●ロッホサイド DC 66           4,500円  →  3,000円
 
 本当に、1〜2杯の商品です。ぜひ最後の一雫を…
 

8月15日(月)
 お盆という物は仏教では本来はなく、新・後漢時代(今の同じ地域は自己中国なので、イスラム国と同じくらい認めません。なので文化伝来の頃とは別文化であり、逆にその頃よりも劣ると思っています)に大陸を経た時に地域文化の中から根付いた物らしいです。
 私は墓などは残す必要はなく、人は他の動物と同じく土に帰り、名も残さないもので良いと思っています。
 まぁ、15日、終戦(日本にとって)という話の中で思わず書いてしまいました。

 さて、私事ですが、7月に網膜剥離の手術をしましたが、その影響で出てしまった白内障の手術を9月に行います。その際には再び休みをいただきますが、長期にはならないようなので、すぐに戻って来る予定です。
 

8月12日(金)
 13日(土)〜15日(月)までの間、下記銘柄の割引をいたします。
 ハーフショットはやっておりませんので、ご了承ください。
●ブローラ    ゴードン&マクファイル 82〜06        通常5,000円のところ  3,000円
●グレン・ロセス エイコーン 70〜11 41年          通常5,000円のところ  4,000円
●ポートエレン  ダグラスレイン 1982 21年         通常4,300円のところ  3,000円

 別の話ですが、ザ・おやじファイトのホームページ内にある【おやじフィターの店】で紹介していただきました。
 こちらからご覧ください。
 https://oyaji-fight.jp/2016/04/27/80/

8月8日(月)
 中国が好きな方たちへ。
 尖閣周辺に、漁船と共に公船が紛れ込み、その中で戦闘ができる船もあったようです。
 九段線の話以前に、自分たちのことしか考えない国です。
 だからこそ、【中華】などという国名を名乗っています。
 世界の中心で、わが国の華を咲かす。自己中心的な意見、極まりない国です。
 はっきり言って、私は中国が嫌いです。人の国に移民として乗り込んできて、自分たちのやり方を押し付けて、アフリカなどでは、契約を裏切ることなど問題ないと思っているようです。元々、中国人は約束など守りません。それは中国の歴史が証明しています。
 三国志などのでも、約束を破り、二重契約をして、不利益な方を切る。そんな国は過去に相当数あるのかもしれませんが、原始的な事を今でも行っているのが中国です。
 先進国の振りをして、原始人以下の行動をとれるのが中国であり、華僑として世界に広がることができるのも、他人を無視して、自分たちの利益だけで行動できるからでしょう。
 今回の尖閣問題は、オリンピックの記事に隠れて、大きく報道されてはいませんが、尖閣、竹島など、もっともっと日本は考えなければならないのでしょう。安保法案、そのものがどこまで有効かわかりませんが、このまま自国を守る気もなく行ってしまえば、中国、韓国に巻き込まれ、日本という国はなくなってしまうのかもしれない。そこは心配であります。

8月6日(土)
 dancyuなる雑誌がある。
 あちこちに文章が飛んだり、写真をむやみにちりばめたりしている感覚的な雑誌ではなく、格子枠にはめ込んだ、その上で理詰めの感覚の強いある意味昔の男性的な雑誌である。
 その雑誌の一番最後の頁。
 現在は【或るバーテンダー】というモノクロ写真が載る頁…過去には【バーテンダーは謳う】という頁であった...
 昔は枝川公一氏が書いていた文章であるが、枝川氏が亡くなったことにより、現在は木村氏が連載を行っている。ゆえに表題も変わったのだろう。
 この頁はどちらかと言えば、バーという空間を表現することよりも、そのバーはこのバーテンダーの色によって作られている。いわばバーテンダーの人について書かれていることが多い。
 私は西口にいた頃、前の店である【ル・コンセール】時代に載せていただいた。2014年3月号である。
 人に厳しく、自分に甘い。そんな自分の半面がにじみでている文章である。それでも全国誌に載せていただいたことはありがたい。
 
 今まで、埼玉テレビ(ボクシングジムとバー)、浦和のコルソのイベントではNHK(随分過去になるが…)、フジテレビの深夜のニュース特集(オヤジファイト)など、知られていない所で出ているが、dancyuは飲食をやっている人なら知っている全国誌…。こんな奴を拾ってもらえるなんて、ありがたいです。
 もう2年以上も前、そんなことを何今更話をしているのか…それはある方が、今回dancyuに載ったからです。。
 
 平成でいえば10年を超えたあたり、西暦で言えば今世紀よりも前に私はその方と出会った。
 その方が、dancyuの2016年9月号に載りました。
 一番最後の頁にある【或るバーテンダー】にです。
 その方は力強く、自分の芯をブラすことをせず、その上で、妙に謙虚な気持ちを持っている、何とも言えない、私にとっては、このような先輩の行動が、日々勉強になっています。
 今世紀に入った頃にイベントを立ち上げたりした中で、一緒に仕事をさせていただきましたが、私はその頃20代と若く、それほど力になれなかった事だけを記憶しております。そんな私をある意味【戦友】と言っていただけることは、光栄であり、煙草屋をはじめる時から、今に至るまでバーテンダーだけでなくお世話になっております。...
 後輩のバーテンダーからduncyuに載ると聞いたときに、すぐに購入しにいってしまいました。
 今でも諸先輩、もろもろの後輩にバーテンダーに育ててもらっていますが、今回載った方のみならず、その当時には、浦和を中心にイタリアンをやっている方、西川口の知識豊富な方など、もっともっと居るのですが、割愛させていただきますが、良くしてもらっております。
 今の自分、過去の自分、これからの自分…。
 それを構築してくれた方々に感謝し、今回のdancyuを見させていただきました。
 私に取って、かけがえのない先人の一人の人となりが載った今回のdancyu、よければご覧ください。

7月31日(日)
 さて、今日で7月も終わり…だというのに、月末の仕事が全然終わっていません。入院していたからとかではないでしょう。自分の甘えです。
 前の西口に店から東口に移って、考えてみればもう9カ月、早いものです。
 まだまだ暇な店が、輪をかけて暇になっていますが、色々なことがあったので、それも受け入れつつ、のんびりやっていくしかないのかなと思っています。
 しかしながら「無くなったら困る」と言っていただける人たちがいることに感謝。そして再開してお見舞いと合わせて顔を出してくださった人たちに感謝です。
 

7月28日(木)
 中国の9段線の話は、日本が大東亜戦争を始めた頃の状態ににている気がする。
 まともじゃない国が隣国であることは、日本にとって辛い状態なのだろう。

 私が今ツライと感じるのは、隣接している店舗ともめていることくらいかな…。まともじゃない人たちを相手にするのは大変です。まぁ、私自体がまともかと言われると、それはわかりませんが…。
 それでも、人の優しさに触れて、涙が出てくる時があるのは、年齢のせいなのか、今回手術をしたせいなのか、店を移転してから自分がかわったのかわかりません。
 でも、本当に辛い時にいてくれる人たちには、感謝の念しか思うことはできません。
 

7月27日(水)
 ここ最近、フェイスブックには、新聞などの記事の事などを書いている。
 こちらとフェイスブック、アメブロの中身を変えようと思っていると、フェイスブックの量が多くなるのは、他人の反応などを見てしまうからなのだろう。
 まぁ、どちらにしてもノンビリやっていこうと思うので、長い目で見てやってください。

7がつ25日(月)
 本日、退院して初の検診に行ってきました。
 網膜剥離は、網膜がしっかりと着いてきているようで、よほどの衝撃がなければ平気だろうということです。
 手術の影響で白内障が併発することは聞いていたのですが、左目はまだ水の中にいるような見え方です。
 それなので、営業に少し影響がでるかもしれませんが、ご了承ください(ここを見ていない人はわからないでしょうが…)。
 とりあえず、本日より、復帰することができます。
 改めて、よろしくお願いいたします。

7月20日(水)
 本日、退院することになりました。
 25日に検診を受けて、医師の許可が出たら営業再開となります。

7月15日(金)
 今、私は入院しています。網膜剥離で手術をしました。
 復帰はいつになるかわかりません。改めてトップぺージで告知させていただきます。
 31日は休みの予定だったのですが、おやじファイト出場予定だったので、もちろん欠場になってしまいましたので、営業させていただく予定です。しかし復帰日がまだわかりませんが、31日には復帰できている予定です。

7月10日(日)
 このところ、オムライスを作っていることが多い。
 なんでだろう…女房にも食べさせたことないのに…。
 という感じですが、好評らしいです。

7月5日(火)
BAR祓はこんな人が営業しています。

健康診断の結果です。ほぼ異常なしでした。
身長   160.0cm    前年よりも減ってた???
体重   52.3kg     前年よりも減ってた

腹囲   67.0cm     減ってた
BMI   19.9       減ってた
血圧   104〜74
中性脂肪 72
HDLコレステロール 69
LDLコレステロール 107
肝臓AST  18
肝臓ALT  13
γーGTP  24
血糖値   94
ヘモグロビン 5.3
クレアチニン 0.89
尿酸      7.1    正常値は7.0以内
eGFR     75.9
赤血球    454
血色素量  14.2
ヘマトクリット  42.7
白血球数    51
血小板     29.4
MCV      94.1
MCH      31.3
MCHC     33.3

その他 大腸がん、胃がん、肺がんも異常なしでした。
ただ慢性胃炎の可能性があるので、ピロリ菌検査をすすめられました。
尿酸以外はほぼ正常値でした。

6月23日(木)
 五月のおやじファイトの動画をフェイスブックにあげました。
 こちらから
 良ければご覧ください。

 そして次戦、7月31日(日)の【後楽園大会】に出場予定です。 

6月13日(月)
 後輩と飲みに行った時でした。いきなり女性客より声をかけられました。「コンセールの祓川さんですよね」という確認からはじまり、「私くさいですか」と三回聞かれました。訳がよく分からないのですが、特に臭いはなかったので「くさくないです」と答えると、女性は私から離れていきました。
 その後の話の内容で、私が前の店舗の時に「くさい」「帰れ」と言ったという話でした。私を知っている方であれば【くさい】という言葉は人に向けてではなく、柔軟剤や香水などを対象にした言い方です。あとこんな性格ですが、「帰れ」という言葉はなかなか出さないはずですが、とらえ方によっては人を不快にさせてしまっているのでしょう。
 ただその時に、どういったかは覚えていないので、私の至らなさが出てしまったのかもしれません。そこは改めて考えさせられました。
 ただ「くさいって言っては駄目だよ」と連れの方に言われたが、言わない事が接客だとは思っていないので、言い方さえ間違っていなければ注意していくことはありだと思っています。言わなければ店の秩序は守られないからです。また、言わないということは客を人とは思っていなく、金だから我慢して相手にしないということと同じだと考えるからです。
 
 今回のことで思い知らされたことは、自らの発言によって不快感を覚えるかたがいるということです。
 直情的に話をする場合もあるので、意見の交換が激しくなる場合もあるので、少なからず変えていけるようにしていただけるように努力したいと思います。

6月4日(土)
 5月におやじファイトというモノに出てきました。33歳以上のプロ・アマではないボクシングです。40代の部で出る予定だったのですが、相手が38歳ということで出場してきました。
 一応、判定で勝利して、そこから少しだらけてしまっていました。
 しっかりやらないといけないですね。
 来週には、少し倉庫から酒を出そうと思っています。
 

5月17日(火)
 ある食べ●というところの代理店からの電話で、「なぜ言葉遣いもわかっていないのに、言葉でしか勝負できない営業を電話でしてくるのか」と聞いたら、「申し訳ございません」とのこと…。言葉としては【申し訳ない】で一つの単語であり、ございませんという言葉は本来は存在しないのではないかと思うのですが、時代により理解力がないと言葉は変化せざるを得ないので、仕方がないのかと思うところもあるのですが、謝ってほしいなどと言っていないのに謝れば済まされると安易に思うところが変であると感じてしまいます。
「なぜと聞いているので、どうしてなのですか」と改めて聞くと、「私たちは悪いと思っていないので、問題はない」とのことでした。悪いと思っていなければなんでもやって良いという理屈です。本来は教育してから営業をするべきなのでしょうが…。
「悪いと思わないんだ」というと、「問題ないですが、電話を切らさせていただきます」と一方的に切られてしまいました。
 一方的にかけてきて、一方的に切るというのは、本当に失礼だと思い知らされました。そのような会社なのでしょう。代理店が多いので、あちこちの代理店から電話がかかってくるのも問題です。ネットを駆使している会社なのでしょうから、どこの代理店がかけたなど、管理もできるのでしょうが、そこに金をかけるなら、巻き上げろという、相手が嫌な思いをしても問題はないというのが、今の日本なのかもしれません。
 やはり電話営業を規制する制度などを作ってもらいたいものです。
 場合によっては、営業電話がかかってきたら【00】を押すと、情報ダイヤルに変更されて、1分間の通話料の半分が受けて側に入ってくるなどの制度を作ってみるのも面白いと思うのです。聞きたい内容だと思った場合はもう一度【00】を押すと解除されるなど、電話営業用にするのもありだと思います。
 どちらにせよ、電話営業はくだらないものが多いですね。

5月15日(日)
 だいぶ暑い日が続いている気がします。それでも昼夜の気温の差は結構あるようで、着てくる服を選ぶのは大変です。そんな事を言っても私が持っている服などは大した量はないので、同じ物を着ることが多いです。不要な物はあまり持たないようにしているのですが、どうしてもためてしまうものは多いです。
 ウイスキーのボトルもそうですが、録りだめした番組などのDVDも、本も多くなっています。そのうち整理などと思っているのですが、必要だと思うものが多く、増えていくのでしょう。
 そんな中で、ボクシングジムに置いてある試合のDVDは、練習生たちからは貴重なものと言ってもらえています。
 本当に必要な物、必要でない物。物のみでなく、自分の人生において必要、不必要をもっともっと考えなければならないと思います。
 

5月11日(水)
 残り物には…
 ということで、少量しか残っていないボトルの販売をいたします。
●ストラスミル GM 91                1,200円 → 1,000円
●ロングモーン SV 96                1,300円 → 1,000円
●スプリングバンク DL 65              4,000円 → 3,500円
●キャパドニック DC 68               4,500円 → 3,500円
●ロッホサイド DC 66                4,500円 → 3,500円
●ピティヴィアック モンゴメリー 90          2,000円 → 1,500円
●ブナハーブン MM 76                2,600円 → 2,000円

 なくなり次第終了です。
 

5月5日(木)
 今日は子供の日…子供の頃、自分は何を考えていたのだろう。
 小学校の頃の夢は、水泳でオリンピックに出る事だったのを覚えている。自分の身の丈を知らずに、まだまだ可能性ばかりを考えていたのだろう。もちろん、年齢を経ていくうちに自分の能力がそれほどの物でない事に気がつく。
 何でもできると思っていた。子供の頃はそれが、当たり前だと思っていた。
 勉強ができるようになるなどとは思っていなかったと思うが…。
 今、子供に「なぜ勉強をしなればならないか」と問われたら、【可能性を潰さないため】と答えるだろう。
 まだまだ日本は学力社会だ。運動のような個々の能力を問われる分野であれば多少の問題はないのかもしれないが、他の職業などにつきたいなどという夢はある程度の学力がなければ弾かれてしまう。やりたいことをやるために、やりたくないかもしれないが勉強をやらなければならない。だからこそ勉強をしなければならないと答えるだろう。これが全ての正解だとは思っていない。しかし、やりたいことがある程度できなければ、子供の夢はないにも等しいだろう。
 私は知っての通り、バーテンダーをやっている。たまたま高校を卒業して、ホテルに就職して、バーテンダーにたどり着いた。
 役者、水泳、ボクシング…それ以外にも捨ててきた事はたくさんある。これからも捨てていく物は多くでてくるだろう。
 けれども、子供の頃の夢はともかく、今の夢はまだまだ持たなければならないと思っている。どんな小さなことでいい。子供に託している人たちも、子供が巣立ってしまった時に、新たな夢を持たなければ抜け殻になってしまう。
 子供の頃の夢があったからこそ、今ここで私は語ることができるのだろう。叶わないかもしれないが、子供には色々な経験をしてもらって、夢を探してもらいたいと思う。様々な物を見ていない子供は何もなくなり、死を選んだりすることもあるだろう。
 夢があったからこそ、出会えた人たちもいる。それは、つながりがなくなっても、死んだ人間がいても、その出会いは良かったと私は思っている。

4月26日(火)

【激安食品が30年後の日本を滅ぼす!】河岸宏和著
を読み始めました。
これの他にも【食品の裏側】安部司著は、母親必見でしょう。
もちろん私は母親ではないですけどね。

昨日のお客様と話をしていて、日本は本当の事を言って商売する人がいない国なのでしょうか、などという話になった。
本当かどうかは知らないが、自分の事、会社の事しか考えない人が多いのは確か…。
それによってどんどん本物がなくなっていくなどという話をしいていました。


4月20日(水)
 このところ体重も安定しているので、以前出場していた【オヤジファイト】に出ようと思っていました。
 そうしたら、今日連絡が来ました。ほぼ出場決定です。5月22日に扇大橋の会場にて出場予定です。

 追加記事(21:30)

 倉庫の整理をして、いい加減に酒を出さなければと思い、下記のウイスキーを揃えました。
 左から順に行きます。決して安い金額設定ではないので…
 ●オルトモア BBR 1992 21年                      3、500円
 ●スプリングバンク SV アンチルフィルター 1989 11年          1,800円
 ●ミルトンダフ ピアレス 1966 36年                    5,500円
 ●ロッホサイド チール・ナン・ノック 1981                  4,000円
 ●ロングモーン ブルームズバリー 1974 26年                3,500円
 ●ピティヴィアック チーフタンズ 1986 14年                1,800円
 ●ロッホ・デュー 10年                             1,700円
 ●レダイグ G&M 1990 18年                       1,700円
 ●ブラッドノック Wca 1989 13年                    1,800円
 ●ブナハーヴン HB 1966 35年                      5,000円
 ●キャパドニック KB 1968                         5,000円
 ●ラガンミル クーパーズ・チョイス                        2,000円
 ●グレンドロナック オリジナル 12年                      5,000円

 

4月4日(月)
 昨日見た「健康カプセル」という番組の中で、蓮根について触れている場面がありました。
 ビタミンCが豊富で、熱を加えても蓮根のでんぷん質が守ってくれるらしく、加熱調理しても栄養が高いとのこと。さらに蓮根と乳酸菌を合わせたものを3か月摂取することで、80%くらいアレルギー症状に改善が見られるとのこと。
 蓮根パウダーをヨーグルトに入れて食べるなどという手もあるようで、花粉症にも効果があるとの話も…。
 そんなこんなで、今日のお通しは、蓮根と鶏肉のナンプラー炒めです。
 

4月2日(土)
 うちの隣の居酒屋は、はっきりいって、ドアも閉めずに営業をしているし、ゴミなども汚く出すような、どうしようもない店です。大家からドアを閉めて営業してと言われても「知りません」と知らん顔を決める中国人…汁が出たままのゴミ袋を捨てるので、階段に臭いが立ち込めている場合もあるくらいです。
 そして、ドアを閉められない理由に「うちの客がドアを閉めないから」などとしまいには客のせいにしています。まぁ、来る客もどうしようもない人が多いらしく、そういう人が集まる店になっているのでしょう。
 過去に一緒に働いた人もいたので、中国人にさほど偏見はなかったのですが、今回の移転してから、中国人が嫌いになった気がします。
 日本から中国人など排除すればよいのに、とまで思ってしまうのは、ちょっと行き過ぎなのでしょうが、世界的に嫌われている民族でしょうから仕方がないのかもしれません。
 早く消えて欲しい…。

 まぁ、愚痴はその程度にして、4月なので、新たな気持ちで頑張りたい、今日この頃です。

3月31日(木)
 体調不良で3日も休んでしまいました。
 自宅で療養とはいえ、私にとっては退屈な日々を過ごしてしまいました。
 しかも自営業で休みというのは、正直ツライ…。
 でも仕方がないです。これだけ長期で休みを取ったのは、震災直後に手術をして以来…あの時も3日だったかな。
 3月最終日、身を引き締めて、終わりよければとしたいと思います。
 
 休みの間に、足を運んで頂いたお客様、申し訳ないことでございます。
 

3月21日(月)
 やっぱりYシャツは、いつも着ている物の方が良い。
 震災の直後に知った鎌倉シャツです。ここのYシャツを着るようになってからは、以前着ていた化学繊維の入っているYシャツの肌への当たりが痛いことに気が付きました。しかも価格がそれほど高くない。良い物が見つかる喜び…
 

3月16日(水)
 何だか、色々なことに巻き込まれている感じがする今日…
 それでもいつも通りにやることしかできない私は、日常が日常ですぎることを、最近良しとしています。
 髪を染めたり、服を着飾ったり、ということは、自分を表現できない若い子がするもので、自分が確立されてしまえば、そんな事をしなくても周りはそれを認めて、勝手に回りが自分を確立してくれるのです。
 それでも自分を主張する人は、誰にも相手にされていないからなのでしょう。本気で付き合える人がいないから、そこに行きつくのでしょう。
 SNSが発達して、携帯電話が発達して、つながっているようでいながらも、マッタクもって深い付き合いができないのであれば、それはつながっただけであって、本当の付き合いではないのでしょう。上下関係もなく、すべて友達って何なんだろうなどとも思ってしまいます。あれは知人・友人・顔見知り、全てが絡み合っているだけで、何も考えていない人は、通帳を見て、金が貯まっていることをほくそ笑んでいる人だとおもってしまいます。
 私がひねくれているのかもしれませんが、自分を良い意味で主張するのと、悪い意味で主張するのは異なることだと考えます。
 人付き合いが一番世の中で大変なのかもしれませんが、面倒だと思うこともあります。表面上で付き合える人は、結局はどうでも良い人になるのでしょう…例え相手がつながっていると思っていても…もしくはつながりがない人にまで、他人に見せるための取り繕った見た目などはまさにそのようになるのでしょう。
 

3月14日(月)
 昨日、ワインセラーが届きました。ただ、ワインはほとんど入っていません。葉巻用です。
 ただ、少し温度の設定がうまくいっていないので、これから状態を確認しながらやっていきたいと思います。
 そして、葉巻の量を充実させていく予定です。
 うちの葉巻は、キューバばかりにならず、ニカラグア、ホンジュラス、ドミニカなどが多く、安価な物も多いです。
 つまみ替わりに葉巻を吸ってみるもの面白いので、ぜひ試してみてください。
 

3月11日(金)
 
やっぱりここの洗剤は良いです。酷くはないのですが、冬場の手荒れがなくなりました。それ以外の洗濯洗剤なども良いです。
このような会社が成長してくれるのが、一番良いと思います。
https://www.miyoshisoap.com/products/category7.html

3月9日(水)
 今日は、 北与野にある先輩の店【ガラバー ミズノ】にお邪魔してきました。
 水野さんの店は10周年を迎えたということで、口に合うかわからない菓子折り一つを持って、昼に行ってきました。
 そうしたら、逆に、昨日書いた日記をフェイスブックで見てもらっていて、【ボッデガ・スプマンテ・ゴールド】をいただいてしまいました。
 スプマンテとうい事は、イタリアのスパークリングワインです。
 迂闊に物事は書くものではないと、改めて実感しました。
 しかし、先輩から、お祝いしていただき、鬼の目にも涙…とういうのでしょうか、感慨深いものがありました。 
 未熟者の私ですが、これからも自分らしくやっていければと思っております。
 
 今回は、アメブロもフェイスブックも載せずに、ここだけの日記にしようと思っています。
 人に認められることは、正直嬉しいです。
 認められない、もしくはどうしようもない所は【一生懸命営業中】などの看板をだして、やることをやっていない店なのでしょうが、日本人はそういうどうしようもない店を好む傾向があるようです。やっている人は、言わなくても認めてもらえるのでしょう(私はたまたま、良い先輩に巡り合ったからなのでなのでしょうが…)。
 莫迦な人たちは、くだらない店にむしり取られてください。安いには、安いなりの理由がある。それすら考えない一部の人たちは、脳みそが動いていないか、無いに等しいのでしょう。
 まぁ、そんなことはどうでも良いこと…。
 
 先輩に認めてもらい、こんな人間でも、少なからず認めてくれる人がいることに感謝したいと思います。
 等身大の自分で、認めてもらえないのならば、それは仕方がないことだと思っています。それは自分の力量の問題ですからね。

3月8日(火)
 この3月で、独立18年となってしまいました。
 前店の【ル・コンセール】時代から考えると、随分と時間が経ってしまったものだと思ってしまいます。
 23歳の時に、居抜きの店が出て、失敗してもやり直しのきく年だと思い、決断したものです。
 あるホテルの先輩には、「お前みたいなポット出がやってもすぐに駄目になるから止めておけ」と言われたものです。
 まぁ、成功しているかどうかと考えたら、良くはわからないのですが、よくやれているものだと考えてしまいます。
 自分のやりたいことばかりで、独身でいるからこそできるのでしょうが、周りと運に恵まれてきただけなのでしょうが…。
 それでもやっているという事実は変わらないですよね(誰に問いかけているのやら…)。
 明日、【ル・コンセール】を開店した日です。先輩に言われたのですが「もっと自分を褒めろ」と…。
 明日くらいはそれを胸の中で考えても良いのかなと思っています。
 

3月5日(土)
 無理をしないで減量を試みている私です。
 いつも土日のジムには食事をしないでいくので、体重が減っていることが確実です。
 そんな中、本日ジムワークを終えて体重計に乗ってみると…
 56.00キログラムでした。
 惜しい、もう少しで56の壁を突破できるところでした。
 
 暇な時に遊んでしまったり、やるべきことを先送りにしたりしてしまう甘い私の本性が出てしまったのでしょう。
 次回、56キログラムを切れるように、気合を入れないといけませんね。

3月3日(木)
 今日の営業前の体重は、ここ最近よりも800グラムくらいオーバーです。昨日、気にしないで食事をしたからでしょうか…。
 自分に対する甘さがここに出るのですよ…。
 今一度、自分に対して厳しくしなければならないですね。

3月2日(水)
 本日、ダウ・ポートワイン1970を出しました。
 価格は1杯6000円です。しかし今月いっぱいは5000円にて提供いたします。
 

3月1日(火)
「私は他の子たちよりも経験しているので、比べるとちゃんとやっていないように見えてしまうのです」

そんな事を言っている子がいたが…
実際、その子を見てみると、対してできる訳でもなく、理解力もないように思える。
もう30位のはずなのに、そりゃないだろうと思ってしまう。

私も大したことはしていないし、できているとも思わないが、このくらいはやってもいいのではないかと思う事まで、色々やることが多くてできませんという。「力不足だということを認識できていないのだろう」

俺程度にはやって、一人前の一歩手前なんだから…。だから私程度に、そんなことを思われてしまうのだ。同年代と比べても、小学生上位程度の力では意味がない。

脳みそがないと言われてしまえばそれまでなのだろうが、考えるという事が少しできれば、自分の立ち位置も、やるべきことも見えてくるだろうに…。せめて、少しできるようになってから、他人を批判すべきだろう。それとも、私のように、言われても仕方ないくらいで、割り切れなければ能力がない人間がいうべきことではないのだろう。

私を知っている人は、わかっていると思いますが、私は大した能力は持っていません。
ただ自分でやっているので、他人にボロが見つからないというくらいなのでしょう


平成28年2月25日(木)
 今日、やっと新しいホームページに移行できました。
 フェイスブック、アメブロ、バーナビと増えてしまいましたが、少しずつこちらも作っていきますので、よろしくお願いいたします。
 

前店 ル・コンセールでの出来事

最近の出来事10   過去の出来事9  過去の出来事8   過去の出来事7

    過去の出来事6  過去の出来事5  過去の出来事4   過去の出来事3   過去の出来事2  過去の出来事へ