最近の出来事 2

6月28日(金)
 大宮にある日本酒と和食の店【賛】のオーナー、徳武さんがやっている【とくちゃんねる】で紹介していただきました。
 徳さん、ありがとうございました。
 とくちゃんねる (@tokusun3) | TikTok

6月26日(水)
 暇だったので、何かボトルでもと思い、ちょっと出してみました。
 とは言っても、ここで写真を載せようと思ったら載らなかったので、
 フェイスブックをごらんください。 

6月9日(日)
 2024年6月7日にNHKで放送されたプロフェッショナル。
 見るたびに、自分はプロフェッショナルなのかと考えさせられてしまう。
 まだまだ未熟な自分を見てしまうと、本当にこれで良いのかと思わざるを得ない。
 それなりの仕事をしているからこそ、それに見合う金額を請求できる。それを考えると、ちゃんと仕事をした上で、報酬をもらうというができている人は、世の中にどれくらいの割合なのかと考えてしまう。
 接客業の中にいる私としては、ホテルなどでも接客のスキルが下がってきていると思えてしまう。それは報酬をもらうに値するのであろうか……。もしかすると接客業だけではなく、世の中の仕事の、どれくらいの人が報酬に値するのであろうか……。
 良く家事労働などという話をするが、プロ並みの仕事を全てするのであれば、1000万だろうと何だろうとかまわないと思う。しかしながらアイロンがけなどをまともにできずに、クリーニング店の時給をもって計算しているのであれば、その仕事を愚弄しているように思えてしまう。
 プロという言葉は、考えれば難しいのであろう。
 私がプロボクサーとして、一番最下層にいたことを知っている人も多いだろうが、プロボクシングの世界で勝ちを重ねれば1試合の報酬は上がっていかない。上の方になれば、勝っても人気がでなければ報酬は上がっていかない。
 そう考えると、安直に報酬を上げろと言える人たちは、どれほど誇りを持った仕事をしているのだろうと、疑いの眼を向けかねない。
 プロ、プロ、プロ……まだまだ未熟な私も、しっかりとした仕事ができるように、日々考え、向き合っていかなければと思う。

4月26日(金)
 世界で猛威を振るった新型コロナウイスルが始まった頃、とある方から連絡をもらった。
「ちょっと輸入会社と組んで、酒の販売をしたいので参加してもらえるかな」
 そんな連絡をしてきたのは、池袋にあるJsバーの蓮村さんからであった。
「いいですよ」
 緊急事態宣言なども出され、不要不急などという聞きなれない言葉を耳にしている時期、飲食店は大きな打撃をうけていた。私は軽く返事をした。
 サケトライというスコッチモルト販売が行っているサイトで、店舗から集めた酒を量り売りするというものであった。
 とりあえず商品を送り、さてどうなることかと見守っている中、サイトが出来上がったという連絡を受けた。
 はじめは数店舗、そしてしばらくしてから更に数店舗が加わった。
 軽く考えていた私の考えは甘かった。スコッチモルト販売のサイトであるから、もちろん全国に客がいるのだが【シェアバー】という企画に並んだ店舗は、全国でも名を聴くような店舗ばかりであった。埼玉のひっそりとやっているバーとしては、新参者という見られ方をしても仕方がない店が、そんなところへ名を連ねるなどと……。
 そんな思いをしながらはじまったシェアバーの中で、蓮村さんから新たな連絡がきた。
「コロナの時期であるから、ちょっとユーチューブで生配信をしようと思うのだが、ゲストで出ない」
 というものであった。他の後輩からは「生配信だと祓川さんの発言にピーが入らないから危ないですよ」
 と言われたこともあったが、とりあえず出演させてもらった。
 配信にあたってスコッチモルト販売の島村さんが手伝ってくれ、出演することになった。島村さんは私が若い頃からお世話になっている営業の方である。
 まあ、何とか配信を終えたのだが、反響はどうであったかまではよく理解できなかった。とりあえずコロナの暗い空気を吹き飛ばそうと、蓮村さんは奔走してくれた。
 秩父ウイスキー祭の実行委員として、立ち上げから関わる中で知り合った関係である。お互い何となく名前は聞いていたのだが、出会ったのはそこからであった。
 そのことは蓮村さんと生配信をしていた【バーっていいとも】の中でも語られている。

4月4日(木)
その昔、大宮に三銃士というBARがあった。

ガキの頃の私は、仕事が終わると、その店によく行ったものである。

とは行っても、BAR三銃士は閉店している時間……。
しかしよく見ると中には、まだ明りが灯っている。
そこから店内へと連絡をする……。

私の父と同じ年齢のマスターは私を招き入れ、仕事終わりの酒を一緒に飲ませてくれたものである。それも自らのアテを分けてくれてである。
三銃士はその後、立ち退きで移転した。
それでも私は閉店した移転先の店でも、明りが灯っていると店の扉を叩いたものである。真っ暗な階段の先に、カクテルグラスを模ったガラスのついた扉の明りを頼りにして……。

2019年、オールド・パル三銃士は店の看板をおろした。

その店は現在【BAR祓い】となり、繁華街の中で、ひっそりと目立たないように営業している。

何となく客が来ない店を終え……。
何となく葉巻をふかし、レコードを聞きながら、一人酒を飲む今日……。
仕事終わりに、何時間も酒の話をした老バーテンダーはもういない……。
そんな店内……。
ふと昔を懐かしみながら、グラスを傾ける……。

少しはバーテンダーらしくなったのだろうか……。
自らの姿を、自ら確認してみたくなる。


「同じカクテルの振り比べでもやるか」
 老バーテンダーの提案で、何度かそんなこともやったなぁ……。
 独学のバーテンダーの私には、多い勉強になった日々……。
 まだまだ一人前とはいかないかもしれないが、ちょっとカクテルでも飲んでみようか……。
 そんな事を、思わず感傷に浸りながら考えてしまった。

3月7日(木)
 バーのレモンサワーって……
 という話になり、それではという事でレモンサワーを作ってみました。サワーは酸っぱいという意味で、炭酸ではないんだよねと…。
 真夏の太陽たっぷりというような、レモンサワーになりました。
 

2月29日(木)
 久しぶりにレコードの針を交換しました。
 やはり音色が全く違う。かなり良い音になりました。

2月19日(月)
早い電車へと乗車し、秩父へと向かった。もう11回目となる【秩父ウイスキー祭】今年は最大の人数を向かい入れるという。セミナーの数も増えたはずだ。
そんな中、変わらずやってきた実行委員の一人の姿が今回はない。いつも楽しくやろうと言っていた方の言葉通り、楽しく事故のない運営ができればいい。
まだ集合時間ではない。その前にいつも開場前にできる列の整理をスムーズにするために、隊列のための線をアスファルトへと引いていく。前日からきている仲間とともに、その作業は粛々と続けられた。
いつの間にか集合場所へと人が増えていく。100名を超えるスタッフたちが集結する。全体ミーティングを終え、各チームごとのミーティングをする。
私の担当は【会場警備、管理、グラス受付】である。安全に運営をするためと、スムーズな運営をするために、個々の会場には責任者をつけている。その統括をするのが私の仕事である。ということは、私は実務はほぼしないということだ。実務をこなしてくれる人たちに、感謝をするのは無事に終了した時である。
秩父神社、参集殿1階、2階、地場産センター4階、大テント会場2か所。合計5か所である。全体の流れを説明し、個々の会場へとスタッフが散らばっていく。
まずは全体の現状の把握である。11時開場でありながらも全ての会場ですでに入場の列がつながっていく。まだ1時間以上もあるというのに、来客の人たちの熱量を感じる。これもウイスキー愛なのであろうか……。
会場の準備がどこまで進んでいるのであろうか……。案外進行が早い。だが出展ブースの一部がまだ準備ができていない。隊列が長くなれば後々に響くどころか、秩父神社、秩父市に迷惑が掛かってしまう場合もある。
グラスの配布の列もかなり並んでいる。開場前にグラスとともにチケット交換の二つはどんどんとさばかれていく。その人たちが入場列の交尾を更に長いものにしていく。限界を迎えそうな会場列もあり、個々の責任者とやりとりをして、会場がどのような状態になっているかも確認する。
統括の川本氏と話し合いのすえ、いける会場から見切り発信をする。外音を遮るように左耳にはめられているインカムから、次々に入場開始が告げられる。テント会場のそばで吸い込まれる群衆を見ながら、第一段階が無事に終わったことを安堵していた。

開場し、個々の会場を見回りながら、混乱がないか確認をしていく。問題になるであろうとされていた出展ブースには隊列ができている。ほかのように自由に行き来されては収集がつかない。それを個々の会場スタッフたちは、整理している。ちょっとした混乱はあるが、問題というわけではない。そこには感謝の念しかない。
そんな中、救護者が一人でるが、それほどというわけではなかったようである。
開場から1時間以上が経過し、徐々に流れができてくる。
ここで休憩をしておこう。昼食を食べる機会である。とは言っても、いつ動かなければならないかわからない。問題があれば左耳から電波に乗った声が飛んでくる。弁当はスタッフたちが楽しめるように選んでくれたものである。しかしゆっくりと食べている暇は私にはない。がっつりとした弁当であるが、ここは闘いである。5分は無理であったが、7分くらいかかったであろうか、エネルギーチャージは十分である。
チャージしたエネルギーを放出するかのように、個々の会場を見回る。途中途中で顔見知りの方たちに声をかけられるが、悠長に時間を取ることができないので、軽い挨拶程度ですませてしまうが、気を使ってくれる来場者はそんな私を邪険にはしない。ありがたいことである。
人気の出展ブースは未だに列をなしているが、スタッフの頑張りもあり、混乱があっても最小限に抑えられている。持ち歩いている500mlの秩父の水で水分補給をしながら、歩きまわる。若いころから捻挫癖がある左足がいつの間にか悲鳴を上げ始めた。だがもう走りまわることはないようである。個々の会場スタッフが治めてくれているおかげである。
開場から3時間が過ぎたあたりから、酔っている人たちがチラホラと見受けられる。個々の方たちに声をかけていく。寝ている人も体調が悪いのかもしれないと、必ず声をかけて起こしていく。寝ている人には申し訳ないが、再び声をかける場合もある。そんな中、一人完全にダウンしてしまった人がでた。会場のスタッフが当たってくれているが、救護班と共に現場へと向かう。一緒に来場していた方も安否を気遣うが、堀氏と小松氏が最終的に安全を確保してくれたと、後々連絡が入った。
閉会まで1時間……。
さて、もうひと踏ん張り……。
私はちょっとだけミニシガーへと火をつけた。

残り時間を考えてか、個々の会場責任者の指示で、片づけの準備も始まっている。できるものはできるうちに……ありがたい事である。
萩原氏の頑張りもあり、抽選は長い列を作りながらも混乱はないようである。
受付を統括している佐藤氏も、落とし物など様々な事例に対処している。
ふと空気を切り裂く音が聞こえてくる。いつの間にか私の周りにも人だかりができ、動画の撮影をしているようである。バグパイプを抱えた小貫氏が、来場者の気持ちを更に煽っていく。
祭ブースを担当している関川氏も、残り少なくなった試飲ボトルを空けていく。
横田氏、川本氏にすれ違いざまに会いながら、残りの時間やこれからの流れ、問題などを解決していく。
残り時間を考えて、試飲終了の合図などが、あちこちの会場にアナウンスされていく。私が交わることのないセミナーチームの活躍も少しだけ耳にした。
個々の会場を再び巡りながら、終了前の混乱がないか確認するが、問題はなさそうである。過去最大に来客であった秩父ウイスキー祭は、私の目では無事に終了を迎えられそうである。
各会場が閉会を迎え、ここからは片づけである。進み具合を確認し、完全撤収を迎えていく。
フタッフが集まり、締めくくりのミーティングが行われ、無事の終了が告げられてた。
あとは打ち上げである。
出展ブースの方たちに感謝を述べながらの交流や、自分の元で、私ができないことをこなしてくれた樋口氏、藤井氏、川崎氏などと杯を酌み交わす。もちろん至らない私の管轄下で仕事をこなしてくれた人たちとも杯を重ねる。
ちょっとだけ、今まで打ち上げで「髭の怖い人がやってくれるから、こうやって打ち上げで楽しく飲めるんだよ」なんて軽口をたたいてくれたオヤジがいない事に感傷を覚えたりした。それを考えたときに、しっかりとその役目を引き継いで仕事をこなしたセミナー担当の坂井氏と杯を合わせた。
長い一日、楽しい一日がゆっくりと更けていく。
また来年、この場所でそんな日ができますように……。


2月8日(木)
 もうすぐ秩父ウイスキー祭です。今回で11回目、先日最終ミーティングに行った前日には、雪が降っていました。
 第1回目の際も大雪の後だったなぁと、思い出してしまいました。
 それにしても11回とは早いなぁ……と思う中、もっと「早いなぁ」と思ってしまう事がありました。
 池袋【Js BAR】の蓮村さんが亡くなってしまった事です。昔からモルト・ウイスキーの有名店ということもあり名前が知っていたのですが、面識はなく、秩父ウイスキー祭で知り合うことができました。そこから仲良くさせていただいていました。
 蓮村さんとの思い出といえば、コロナになった際にスコッチ・モルト販売が行ってくれたシェアバーという企画に当時の営業でいらっしゃった島村さんと共に、当店を入れてもらった事などが一番にあげられます。その上で、蓮村さんが行っていたユーチューブにも生出演させていただきました。【バーっていいとも】という企画に2度出演させていただきました。
 オンラインでの開催になった8回目の際には、「俺たちは現地にいなくても心は秩父にある」といわれ、開催日当日に一緒に飲ませていただきました。
 まだまだ一緒に酒を酌み交わす機会がと思いましたが、残念です。
 

1月31日(水)
 自らの主張を聞いてもらいたいのならば、相手の主張お聞くべきだ。
 都合よく、一方的に自らのいうことだけを聞いてほしいというのは、ムシが良すぎと思う。
 理解してほしいのならば、相手のことも理解すべきであろう。

令和6年1月10日(水)
 パソコンを変えて、やってホームページの更新ができるようになりました。
 新しい物に変えると、色々と設定をしなければならないので、時間がかかってしまいます。
 新しいといえば、数点のウイスキーを持ってきました。
 バックバーが少しだけ賑やかになりました。

12月21日(木)
 20歳になる人たちに、飲食店からお祝いを込めてと今年からはじめた【20歳の街歩き】……。
 来年も行います。参加店舗はもう出そろっています。詳細はこちらをクリックしてください。

12月19日(火) 
 やっとコロナが5類になり、取り戻された日常は、コロナに侵され、コロナ前とは変わってしまったものだと思います。
 ちょっとした事から、大きな事まで、人によって様々な変かなのでしょうが、そんな中でも時間軸は酒へと進んでいくのはまぎれもない事実……。
 自分に何ができるかなんてわかるはずがない。ただ後悔だけはしないようにやっていきたい。

10月2日(月
 今月の26日より、全体的に料金の値上げをさせていただきます。
 26日以後にいらっしゃった場合には、メニューにて金額を確認していただきますよう、お願い申し上げます。
 カクテルを一例とさせて頂きますと
 【現行】 カクテル1杯 1000円(スタンダード商品) 1300円(ブランデー類)
      各1杯200円の値上げとし
 【改定後】カクテル1杯 1200円(スタンダード商品) 1500円(ブランデー類)
      ベースなどを指定の場合 +200円 また高額の商品をベースにする場合には、要相談となります。
 

9月14日(木)
 何だかあっと言う間に今年も終わりそうな勢いだと感じています。
 ただ新型コロナが中国から世界に広まり、その中で変わってしまった習慣がなかなか抜けず、自分の立ち位置を今一度考えて行動しなければならないと、少しだけ頭の片隅で考えています。
 ちょっとしいた事、少しの変化、それが年月を経ていくことによって大きな変化に変わってしまう。それを無毒化するには、意思の力が必要なのだと思うのですが、それほど強くない私は、小さな一歩をどれだけ繰り返すことができるのか……という点に尽きるのだと思います。
 目の前にあるできること……とりあえず酒でも飲んで考えようと思います。

7月17日(月)
 
7月16日のフジテレビ「ノンフィクション 」で取り上げられたのは、日光さる軍団。
ある不祥事をうけて、社長の村崎さんは「信用はあっという間に失われる」という言葉で、自分たちのその後の行動によってそれを回復するしかないという思いだったようです。
 人間の疑いなんて、たった一つの、ちょっとした掛け違いで起きるもの。その掛け違いを起こさないようにしていても、絶対はない。
 私のような未熟な人間は、ちょっとした、いやもっと大きな掛け違いで、数多くの人たちを失望させてきたのであろう。
 けれども、過ぎてしまった事は仕方がない。離れてしまった人たちが、こっちを向いてくれなくても仕方がない。
 ただただ、自分に正直に、間違えがあっても、自分にしかできないことを、粛々と行っていくしかない。ただやる過ごすだけの、相手を人間として見ないやりかたは、今の私にはできない。
金のため、会社組織ならば、ただ頭をさげればいい。相手にしなければいいとできるかもしれないが、今の私には、正面切ってやることしかできない。
 もしも私がそれをできるとしたら、本気で相手にしなくてもいい人と位置づけた人だけかもしれない。
 正面からぶつかる中で、信用は一瞬で失いかもしれない。
けれども正面からぶつかることもしないという事は、初めから信用を勝ち得るものではない。私はそんな風に考える。
 半世紀近く生きてきた中で、まだまだ未熟な、というよりも成熟など生きているうちにできるかわからない。
 それでもできる限り、自分に偽りなく生きてければと思う。それすらできる人間ではないかもしれないが、向き合わずにいられる人間ではない。
 そんな中で信用を得られないのであれば、それは自分がもっと成熟する糧にするしかないのだろう……。
 ああ、1歩でも、半歩でも前に進めるようにしていきたいなぁ。

令和5年7月1日(土)
 コロナの感染法上が5類に引き下げられ、街に人が戻ってきているなぁと、道端で酔っ払って寝入っている人や、莫迦騒ぎをしている人を見て感じています。飲食をしながら大声を出す必要などないのに、そんな店もあるようで、もう飲食店から娯楽施設として、そのような店は風営法の管轄にしてしまえばいいのにと考えるところもあります。飲酒も免許制にして警察にお世話(喧嘩、保護)になった場合は3回で免停、5回で取り消しにしてしまえと思ってしまいます。
 
 そんな事はさておき、最近
「水割りが美味しい」
 と言ってもらうことが多いです。付随するソーダ割りなどもそうです。酒が強くなく、水割りをあちこちで飲む人が、ここの水割りが一番合うと……。バーテンダーとしては嬉しい言葉です。バーでも水割りがまともに作られないという話しも耳にしますから、尚更です。バー以外の飲食店では、場合によってはウイスキーの水割りなのに、ウイスキーの味がしなくアルコール感で何となく酒を飲んでいるみたいだとも……。
 ウイスキーを飲んでいるのに、ウイスキーの味がしないなんて、漫画を買ったのに絵が描いていない、映画を見にいったのに静止画だったくらいの話し……それに金を払える人はさぞかし金持ちなのだろうな。
 これから水割り、ソーダ割り、カクテルが美味しい。そんな事を思ってもらえるように、小さな努力を積み重ねていければと考えております。
 

令和5年4月10日(水)
 コスパだタイパだ……そんな下らない和製英語を耳にした。そして先日、知人と下らない和製英語の意味について話をした事を思い出した。
 コストとは費用、原価だ。そしてパフォーマンスとは、この場合性能、成果と言ったところだろう。そんな言葉を、私は費用対効果の事を日本語を知らない人が考えた言葉だと思っている。その和製英語で話をしている人たちは、費用や時間を考えていながらも、性能、成果は考えていないのではないか。そんな話しであった。
 ただ安ければいい、ただ時間が短ければいい。その程度であり、効果であるパフォーマンスが着いてきていないのではないかと……。
 1万円のコンサートは高いけれども、1000円ならば行ける。だが1000円のコンサートはプロではなく、同好会程度の、素人の物である。それでも1000円に行く。そんな人たちの方が多い。知人との話しは、そのような物であった。
 逆説で考えたら、価値の無い物に金銭を払える人たちは、私から見たら金持ちだ。
 そんな人が日本には溢れていると思えてしまう。
 価値を知るためには、上の物と下の物、両方を味わってみないと理解が進まない場合がある。物を知らない人は、卵からかえったヒナが、目の前にいる物を親だと認識する程度なのだと思ってしまう。だからこそ効果が無い物に対して、金銭を払えるのであろう。
 こんな偉そうなことを書いているが、私も物の価値など理解できていない、無知な人間だ。だからこそ難しいと思う。
 貧乏根性で金額だけを考えて、本質を見ないことは、将来的に不利益になる。
 出来る限り、自らはそうならないように、そんな事を思いながらも、無駄を強いている自分がそこにも存在している。だが少しでも考えてみたら、何かが変わって来るのかもしれない。
 できる限り、中身の少ない頭で考えてみよう。受動的ではなく、能動的に行きたい。そんな事を考えた今日である。

令和5年4月5日(水)
 NHKスペシャル【ジャパン・リバイバル】を見て、自分の頭も凝り固まっているなぁと思い知らされた気がする。
 
平成の30年間、安物が正義という感覚の中で、世界でもっとも衰退した国になってしまったという感がある。それは国民の貧乏根性であり、その貧乏根性を利益に変えるべく奔走した企業であったりが理由だと思う。
 変換するには、かなりの荒療治が必要なのだろう。
 私は数年前に、バーテンダーとしての感覚の古さを、革新的なことをやろうとしているバーテンダーに指摘された。ただ私は革新的なことはできないので、今までの物を底上げしていることを選択した。
 そしてそれを客と共有し、客の感覚も底上げできたらと考えている。安い、悪いが定着したことにより、それを粗悪な物と感じなくなってしまった人たちに、少なからず身のない物に金銭を払っている感覚を理解してもらいたいと考えている。
 自分が何ができるかなんてわからない。失敗するかもしれない。それでもやるしかないし、失敗したらそれを糧にすれば良い。
 少なからず関わった人たちに、少しでも利があるように出来ればと思う。

過去の出来事1


前店 ル・コンセールでの出来事

最近の出来事10   過去の出来事9  過去の出来事8   過去の出来事7

    過去の出来事6  過去の出来事5  過去の出来事4   過去の出来事3   過去の出来事2  過去の出来事へ