最近の出来事 2

10月2日(月
 今月の26日より、全体的に料金の値上げをさせていただきます。
 26日以後にいらっしゃった場合には、メニューにて金額を確認していただきますよう、お願い申し上げます。
 カクテルを一例とさせて頂きますと
 【現行】 カクテル1杯 1000円(スタンダード商品) 1300円(ブランデー類)
      各1杯200円の値上げとし
 【改定後】カクテル1杯 1200円(スタンダード商品) 1500円(ブランデー類)
      ベースなどを指定の場合 +200円 また高額の商品をベースにする場合には、要相談となります。
 

9月14日(木)
 何だかあっと言う間に今年も終わりそうな勢いだと感じています。
 ただ新型コロナが中国から世界に広まり、その中で変わってしまった習慣がなかなか抜けず、自分の立ち位置を今一度考えて行動しなければならないと、少しだけ頭の片隅で考えています。
 ちょっとしいた事、少しの変化、それが年月を経ていくことによって大きな変化に変わってしまう。それを無毒化するには、意思の力が必要なのだと思うのですが、それほど強くない私は、小さな一歩をどれだけ繰り返すことができるのか……という点に尽きるのだと思います。
 目の前にあるできること……とりあえず酒でも飲んで考えようと思います。

7月17日(月)
 
7月16日のフジテレビ「ノンフィクション 」で取り上げられたのは、日光さる軍団。
ある不祥事をうけて、社長の村崎さんは「信用はあっという間に失われる」という言葉で、自分たちのその後の行動によってそれを回復するしかないという思いだったようです。
 人間の疑いなんて、たった一つの、ちょっとした掛け違いで起きるもの。その掛け違いを起こさないようにしていても、絶対はない。
 私のような未熟な人間は、ちょっとした、いやもっと大きな掛け違いで、数多くの人たちを失望させてきたのであろう。
 けれども、過ぎてしまった事は仕方がない。離れてしまった人たちが、こっちを向いてくれなくても仕方がない。
 ただただ、自分に正直に、間違えがあっても、自分にしかできないことを、粛々と行っていくしかない。ただやる過ごすだけの、相手を人間として見ないやりかたは、今の私にはできない。
金のため、会社組織ならば、ただ頭をさげればいい。相手にしなければいいとできるかもしれないが、今の私には、正面切ってやることしかできない。
 もしも私がそれをできるとしたら、本気で相手にしなくてもいい人と位置づけた人だけかもしれない。
 正面からぶつかる中で、信用は一瞬で失いかもしれない。
けれども正面からぶつかることもしないという事は、初めから信用を勝ち得るものではない。私はそんな風に考える。
 半世紀近く生きてきた中で、まだまだ未熟な、というよりも成熟など生きているうちにできるかわからない。
 それでもできる限り、自分に偽りなく生きてければと思う。それすらできる人間ではないかもしれないが、向き合わずにいられる人間ではない。
 そんな中で信用を得られないのであれば、それは自分がもっと成熟する糧にするしかないのだろう……。
 ああ、1歩でも、半歩でも前に進めるようにしていきたいなぁ。

令和5年7月1日(土)
 コロナの感染法上が5類に引き下げられ、街に人が戻ってきているなぁと、道端で酔っ払って寝入っている人や、莫迦騒ぎをしている人を見て感じています。飲食をしながら大声を出す必要などないのに、そんな店もあるようで、もう飲食店から娯楽施設として、そのような店は風営法の管轄にしてしまえばいいのにと考えるところもあります。飲酒も免許制にして警察にお世話(喧嘩、保護)になった場合は3回で免停、5回で取り消しにしてしまえと思ってしまいます。
 
 そんな事はさておき、最近
「水割りが美味しい」
 と言ってもらうことが多いです。付随するソーダ割りなどもそうです。酒が強くなく、水割りをあちこちで飲む人が、ここの水割りが一番合うと……。バーテンダーとしては嬉しい言葉です。バーでも水割りがまともに作られないという話しも耳にしますから、尚更です。バー以外の飲食店では、場合によってはウイスキーの水割りなのに、ウイスキーの味がしなくアルコール感で何となく酒を飲んでいるみたいだとも……。
 ウイスキーを飲んでいるのに、ウイスキーの味がしないなんて、漫画を買ったのに絵が描いていない、映画を見にいったのに静止画だったくらいの話し……それに金を払える人はさぞかし金持ちなのだろうな。
 これから水割り、ソーダ割り、カクテルが美味しい。そんな事を思ってもらえるように、小さな努力を積み重ねていければと考えております。
 

令和5年4月10日(水)
 コスパだタイパだ……そんな下らない和製英語を耳にした。そして先日、知人と下らない和製英語の意味について話をした事を思い出した。
 コストとは費用、原価だ。そしてパフォーマンスとは、この場合性能、成果と言ったところだろう。そんな言葉を、私は費用対効果の事を日本語を知らない人が考えた言葉だと思っている。その和製英語で話をしている人たちは、費用や時間を考えていながらも、性能、成果は考えていないのではないか。そんな話しであった。
 ただ安ければいい、ただ時間が短ければいい。その程度であり、効果であるパフォーマンスが着いてきていないのではないかと……。
 1万円のコンサートは高いけれども、1000円ならば行ける。だが1000円のコンサートはプロではなく、同好会程度の、素人の物である。それでも1000円に行く。そんな人たちの方が多い。知人との話しは、そのような物であった。
 逆説で考えたら、価値の無い物に金銭を払える人たちは、私から見たら金持ちだ。
 そんな人が日本には溢れていると思えてしまう。
 価値を知るためには、上の物と下の物、両方を味わってみないと理解が進まない場合がある。物を知らない人は、卵からかえったヒナが、目の前にいる物を親だと認識する程度なのだと思ってしまう。だからこそ効果が無い物に対して、金銭を払えるのであろう。
 こんな偉そうなことを書いているが、私も物の価値など理解できていない、無知な人間だ。だからこそ難しいと思う。
 貧乏根性で金額だけを考えて、本質を見ないことは、将来的に不利益になる。
 出来る限り、自らはそうならないように、そんな事を思いながらも、無駄を強いている自分がそこにも存在している。だが少しでも考えてみたら、何かが変わって来るのかもしれない。
 できる限り、中身の少ない頭で考えてみよう。受動的ではなく、能動的に行きたい。そんな事を考えた今日である。

令和5年4月5日(水)
 NHKスペシャル【ジャパン・リバイバル】を見て、自分の頭も凝り固まっているなぁと思い知らされた気がする。
 
平成の30年間、安物が正義という感覚の中で、世界でもっとも衰退した国になってしまったという感がある。それは国民の貧乏根性であり、その貧乏根性を利益に変えるべく奔走した企業であったりが理由だと思う。
 変換するには、かなりの荒療治が必要なのだろう。
 私は数年前に、バーテンダーとしての感覚の古さを、革新的なことをやろうとしているバーテンダーに指摘された。ただ私は革新的なことはできないので、今までの物を底上げしていることを選択した。
 そしてそれを客と共有し、客の感覚も底上げできたらと考えている。安い、悪いが定着したことにより、それを粗悪な物と感じなくなってしまった人たちに、少なからず身のない物に金銭を払っている感覚を理解してもらいたいと考えている。
 自分が何ができるかなんてわからない。失敗するかもしれない。それでもやるしかないし、失敗したらそれを糧にすれば良い。
 少なからず関わった人たちに、少しでも利があるように出来ればと思う。

過去の出来事1


前店 ル・コンセールでの出来事

最近の出来事10   過去の出来事9  過去の出来事8   過去の出来事7

    過去の出来事6  過去の出来事5  過去の出来事4   過去の出来事3   過去の出来事2  過去の出来事へ