私の記す幼い文章たち

 私の決断  ちょっとウイスキーの話  私の酒暦書
 表通りを行くスタンダートカクテル  横道にそれたスタンダードカクテル  バーへ行こう
 バー、キャパドニックの風景  とあるバーの風景  新・酒との語らい
 スノップで行こう  過去の自分と現在の自分
その風景たち
 もがく事
 何となく酒の話し   (令和2年4月30日 更新)    

トップへ

マスターが書いた、素人小説  
一番近い人へ
(令和2年4月16日)
 中野千秋は、仕事で謹慎になり、以前より気になっていた北海道、
余市のウイスキー蒸留所へと向かった。
 余市へ向かう前日、バーで知り合った斉藤に頼まれた手紙を渡す
ために行った店で、そこに勤める岬と出会う。
 
僕たちの宿題  六年生の夏休みの宿題は各班ごとで行うことに…。しかしなが
ら松本清隆の班にいるはずの原田亜美は六年生になったとき
から学校へとあまり登校せずに、今は全くと言ってよいほど顔を
見せなくなっていた。
 松本たちは自由研究の課題を決めて、原田の家へと向かうが
なぜ学校へと出てこられないのかを知り、課題を変えて取り組む
ことになった。
 
絆 〜人との繋がりゆえに〜  夏の暑い日の朝、j一人の青年が新宿駅近くで倒れていた。
それは横山佐智の通う大学の先輩であった。その後、友人
である砂原聖羅も倒れる。
 二人はそのまま亡くなり、都内には同じように【瞬間死】と呼
ばれる人たちが増えていった。
 人との繋がりゆえの死の原因に、佐智は桜井亮と共に向き
あっていく。  
 
SNSの恐怖〜自己情報漏洩〜  張本由人は、佐久間徳夫、中森猛と共にSNSで物色した女
を襲った。
 SNSには様々な情報を自ら発信している人たちがいる。そ
れを逆手に取ってインターネットの脅威を知らしめるという自分
勝手な大義名分で犯罪を実行しようとしている由人は、大きな
金を求めてSNSを活用しようとしていた。
 ネット社会と承認欲求の狭間で増える犯罪と自己情報漏洩
を描く。  
 
シェアハウス  四人が居住できるシェアハウスに流れてきた平山は、同窓会
の帰りに一度だけ浮気をした。それによって妻との仲が悪くなり
逃げるようにきたという。
 三人の若者と共に生活する中で、離婚騒動に発展する平山が
決める将来とは… 
 
求めゆく者  世界挑戦を直前に控えたボクサー松崎国松…愛を知らない男
が、雪藤久恵と出会い、自らの中になかった感情を受け入れな
がら雪辱を果たすべくゴンザレスとの再戦のリングへ…。
 その他にも数名の前座ボクサーたちの人生が散りばめられて
いる。 
 
犯罪抑止結社  いつもならば鹿島秀雄が帰ってくる時間には、娘の沙耶香は
帰ってきているはずであった。しかしながら今日に限って帰って
こない娘を妻である詩織も心配していた。
 警察に連絡することをためらいながらも、秀雄は沙耶香の安
否を案じて警察へと連絡をする。
 秀雄の過去の行いと共に、見えない結社の存在と、それによ
り炙り出される人々たち…。 
 
その後の世界    令和2年6月9日
あの時の想い出たち 幼馴染の達彦と雄司、ひろ子は、高校三年を迎えていた。別々
の高校で陸上でインターハイ優勝を目指す二人の日々を描く。
(脚本)
 令和2年7月25日
知らぬは本人たちばかり 京介と恭子は結婚してはじめてのお盆を迎える。京介の実家に帰る
前に恭子の母、信子の墓へ。信子は思わず二人について京介の実
家へと向かうが、そこは元不倫相手の家であった。そして京介の亡
くなった母も、お盆で実家へと帰ってきていた。
(脚本)
 令和2年8月23日